歯が汚れる原因

歯の汚れの原因はステイン

 

歯の汚れの原因の一つは、ステインです。

 

色の濃い食事や飲み物を摂取すると、歯に汚れが付きます。
コーヒーやワイン、紅茶が大好きな人は気を付けて下さいね。
歯磨きをしっかりして、その色素を取り除けば問題ありませんが、どうしても残るもの。
その残った色素が沈着して、歯にこびりつくとステインになります。

 

汚れは、歯磨きで取ることが出来ますが、ステインはそうはいきません。
そう、衣服に付いたシミと同じなのです。

 

ステインになる前に、歯磨きで歯に色素を沈着させないようにしましょう。

 

タバコのヤニ

 

私は、昔タバコを吸っていました。

 

その頃、私の歯の裏側がすごく黄色かったことを思い出します。
見える部分は比較的しっかり磨くからなのだと思いますが、綺麗なんです。
でも、歯の裏がとっても汚い。
ヤニがへばりついているのですね。

 

このタバコのヤニ、歯磨きではなかなか取り切れません。
落とせないのです。

 

歯科で歯石除去と共に磨いてもらうと多少綺麗にはなります。

 

虫歯

 

これは、ホワイトニングでなんとかなるものではありません。
しっかり歯医者さんで治してもらってください。

 

歯が汚く見えるだけでなく、健康上も良くありません。
虫歯はすぐに治しましょう!

 

加齢

 

そんなこと言っても仕方ないでしょ!
と思われるかも知れませんが、仕方ないです。
年には勝てないのです。

 

年齢を重ねる度に歯は黄ばんできます。
これは、加齢とともに歯のエナメル質が透き通ってきて、歯の象牙質が見えるようになるからです。

 

この場合、歯をしっかり磨いても内部から変色しているので白くなりません。
当サイトでオススメので、ホワイトニング体験してみましょう。

 

歯の汚れ対策に!

 

歯の汚れには、自宅で出来る簡単なホワイトニングが効果的です。

 

オフィスホワイトニングの方が確実ですが、料金もそれなりに高いし、通わなくてはいけません。一方ホームホワイトニングであれば、好きな時間にホワイトニングが出来ますし、通う必要は全くありません。

 

当サイトでご紹介しているホワイトニングの場合、いつも使っている歯磨き粉をホワイトニング用に置き換えるだけ。仕事が増えるわけではありませんからご安心下さい。

 

デンタルホワイト公式サイト